ナナのつぶれ日記

独身・貧困・もてないの三重苦でつぶれているOLのブログです。

貧困無趣味OLが趣味に生きていたころの話~舞台編~

こんにちは。こんばんは。

わたしは現在貧困ゆえに無趣味な生活を送るOLですが、わたしにも趣味があったのです。

それは、舞台観劇です。

今回は舞台観劇が趣味だったころの話をします。

 

はじまりは、エクスタシー。

すみません、嘘です。はじまりはテニミュでした。

そう、言わずと知れた2.5次元の先駆け、ミュージカルテニスの王子様

今や3週目だとか聞きましたが、わたしが熱を上げていたのは1st。1週目です。

もう10年以上前の話ですね。

有名なところだと、城田優さんとか、斎藤工さんとか、あのへんが出演されていました。

たまたま動画サイトで宣伝を見かけて、テニプリ読者だったわたしは軽い気持ちでチケット申し込みをしました。そして当たった。

これがすべてのはじまりでした。

さっきはじまりはエクスタシーと書きましたが、(これは白石蔵ノ介くんのキャラソンですが)あながち間違いではありません。(ちなみに初めて観たテニミュには白石くんは出てません)

すごい衝撃だったのです。高揚感と言いましょうか。

ボールを光で表現しているので、ちらっと動画でみただけでは(笑)って感じかと思っていました。

申し訳ありませんでした。

実際に劇場で観てみると、臨場感と高揚感、一体感がすごい。

一気に虜になりました。

ミュージカル、舞台ってすごい。色物なんかじゃない。ちゃんとした舞台作品だと。

テニミュには一般に夏公演・冬公演と、ドリームライブなるものがありました。ドリームライブは、読んで字のごとくライブです。ミュージカルなのでたくさん曲があります。それを歌ったり、小芝居したり、MCしたりするのです。本編は夏と冬の二回。

今は知りません。10ウン年前の話です。

とにかく通いました。当時学生だったわたしは、バイト代をほとんどつぎ込み、なけなしのあまりのお金でおしゃれをして、何度も何度も通いました。

そして、テニミュには卒業というものがあります。キャストが定期的に変わるのです。

例えば、リョーマくん役、とひとくちに言っても何人もいるんです。

卒業してしまったキャストは、テニミュではもう観ることができません。どんなに推していても、どんなにお金を入れていても。

しかし。彼らはテニミュを卒業したにすぎません。舞台俳優をやめたのではないのです。

必然、わたしは2.5次元に限らず、推していた俳優の方が出る舞台を調べ、当時流行り始めていたツイッターも始め、いろんな舞台を観ました。

毎月何個も舞台を観て、同じものを何度も観たりして。

 

俳優さんをアイドル視している子もいましたし、そういう雑誌も出ていたし、そういう見方もあると思います。いいと思います。人それぞれです。

わたしは「好きな作家さん」みたいな感覚でした。

その方の演技や醸し出す役としての雰囲気などが、すごく好きだったのです。役が変わってもその人らしさが残っていて、そういう部分が素敵だと思って応援していました。

立派な趣味だったと思います。

 

今になって思い返すと、社会人になって初めの何年かは本当にお金がない時期が続いて、独り暮らしなのも重なって、実家でのうのうと舞台観劇の資金を貯めていた時期とは、お金の価値がかなり違ってしまいました。

家賃が7.5万円するのですが、7.5万円もあれば、7回は舞台を観られるのです。

反して言えば、それだけ実家にいたころは助かっていたのですよね。

 親のありがたみをひしひしと感じながら、今はその趣味に費やすこともできなくなり、無趣味なOLをしています。

できればもう一度、あの舞台ならではの高揚感を味わいたいものですね。

今日はこのあたりで。

また明日も、よろしければよしなに。

貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話~スリムなゴリラ編~

こんにちは。こんばんは。

今日も貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話です。お付き合いください。

 

ついにジムへ向かうナナ。

場所は比較的わかりやすいところにありました。

決めたジムはローカルチェーンと言えばいいのか、都内に何か所かあるジムです。

その中で、一番職場に近いところを予約しました。

駅から歩くこと5分。

事前に調べた際、ストリートビューで見た風景が見えてきました。

着いてみると、なんと、地下。地下です。ものすごく入りにくい。なんで、地下。

ビビり屋のナナですが、ここまできたら引けません。なんせプライドだけは高い女。

なんでもないわよ、という顔をして階段を下りました。

階段の途中からすでに響くサンドバックを蹴る音。それがまたスゴい。チキるナナ。

階段を降りると正面に受付があります。

恐る恐る声を掛けました。

わたし「……すみません、体験をお願いしたナナと言いますが」

受付のお兄さん「あ、お待ちしてました。こちらへどうぞ~」

手慣れた感じだったので、体験の方は少なくないのでしょう。その日はわたしのほかに大学生くらいの男の子も体験に来ていました。

書類に簡単に記入を済ませ、更衣室などの説明を受けていったん着替え。

早めに来たので、まだ前のクラスが終わっていなくて更衣室は貸し切り状態でした。

さっさと着替えて出ると、受付のお兄さんがグローブを用意してくれていました。

なんでも、今日のクラスはすねあては要らないのだそうです。

汗対策に軍手も貸してくれました。

あとから知るのですが、軍手めっちゃ大事です。汗かきまくってグローブが汗まみれになります。滑るし汚れる。剣道の面?かぶるとき、なんか布巻きますよね?あんな感じだと思います。

 

そして20時。ついに始まりました。ナナのキックボクシングデビューです。

体験と言いながらも入会する気満々で入会金もおろしてきました。なけなしの口座から。

はじめはまず柔軟から。入念に行います。運動なんて何年振りかのわたしにしてみれば、とてもありがたい。

そして基本の型の確認。

足を肩幅に開いて、聞き手と逆側の足を一歩前に出す。聞き手側の足はつま先を斜め45度に向けます。

手は前ならえをして、小指から握る。聞き手はこめかみのあたりに、反対の手はこめかみから拳一個分前に。

……とのことですが、明らかにわたしの構え、ほかの人たちと違う。

なんというか……そう、素人くさい。弱そう。

重心のかけ方とかがちがうのでしょうか。有り体に言って、ダサい構え。

そこから少しシャドーをして、身長の近い人と二人組になってミットを打ち合います。

わたしは初心者なので、先生が持ってくださりました。

ジャブ、ストレート。ワンツー、ワンツー。

ナナ、あまりにも猫パンチ。先生「もっと強く打っていいんだよ~」

そんなことを言われても。生まれてこの方、本気で殴ったことがあるものなんてゲーセンのパンチングマシンくらいのものです。

力加減よりも型のほうが気になってしまって、力など入りません。

周りの人を見ればよかったのですが、そんな余裕もない。

それでもなんとか繰り返し打っていると、不意に周囲が見られるようになりました。

緊張しすぎて逆に緊張が緩んだのでしょう。そして気づきました。

ボクサー、スリムなゴリラじゃん……。

音と衝撃がスゴいのです。ミットを持つほうも、打つほうも、スゴい。

打つほうはスゴい音させて打つし、持つほうの踏ん張り方も尋常じゃない。

やってみて知ったのですがパンチよりもキックのほうが力はあるのですね。

キックを受け止めるのは並大抵ではなくて、ふ……吹っ飛ぶ……という感じです。

拳圧で吹き飛ばすとか言いましたね。さすがにそれは無理でしょうが、キックでなら人ひとりくらい吹っ飛ばせるかもしれません。

 

怒涛の一時間を終えるころには、汗だくになっていました。

おお。これは、痩せそう。

更衣室は着替えたときとは一転、女性たちがたくさんいました。

皆さんあの音を出していたとは思えない、普通の華奢な女性でした。

スゲェ。カッコイイ。

わたしもスリムなゴリラ目指して頑張ります。

またしばらくしたら続きを書いてみますので、よろしければよしなに。

貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話~ジムを選ぶ編~

こんにちは。こんばんは。

今日は昨日のエントリの続き、貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話を書きます。

 

経緯は昨日書いた通りですが、とにもかくにもわたしはキックボクシングを始めることにしました。

始めるにあたって、まずはどのジムに行くかを決めなくてはいけません。

ナナは土日休みの仕事ですが、モットーが「土日は出かけない」です。

ええ、胸を張れる話ではないかもしれないですが、平日の疲れを土日に家にこもって癒しているのです。昼間から酒なんか飲んじゃったりして。最高です。

……話がそれました。失敬。

とにかく、平日に会社帰りに寄れる。というのが大切な条件でした。

それから、女性がそれなりにいること。初心者でも始めやすいこと。

あとはですね。シェイプアップだけじゃなくて、普通に強くなりたかったのでシャドーだけしかしません。という女性に特化したジムはやめました。

永遠に厨二病を患っているので、己の肉体のレベルを高め、拳圧だけでアマチュアボクサーが吹っ飛んじゃうような霊界探偵を目指しているのです。

でも、だからと言って最初からパンパンミットを打つようなのはそれはそれで無理……だってわたしは格闘技オタクでも不良ボーイでもないから……とチキったので、結局首都圏に何か所かあって行きやすく、シェイプコースと本格的なコース、どちらもある某ジムに決めました。

 

月謝ですが、健康と美容のためとはいえナナは貧困なOLです。

高いところは使えません。

高いといってもたいていのジムは1万円くらいです。暗闇ボクシングというやつはもう少し高かったかな。

しかしナナ、1万円も渋る。

その点、上で決めたところは6千円で週一回通える。安い。ぶっちゃけ決め手でした。

週に何回もなんてきっと行かないし……行くようになったらプラン変更しようと。

 

決まったら今度は体験です。

今はどのジムも無料体験というのをやってくれています。サイトで見ました。

わたしの行ったところもちゃんとありました。

とりあえずノープランで電話をかけ、体験したい旨を伝えると、ものすごくスムーズに日時の予約を取ってくれました。

某日20時から、入門コースです。

持ち物は運動できる着替えのみでよいとのこと。グローブやすねあて(レガースと言うらしい)は体験ですと無料で貸し出ししているそうです。

入会してからも、有料ですが貸し出しがあり、女性は特に利用する方も多いそうです。

ですので、体験当日、ナナはTシャツとヨガパンツ、シーブリーズだけをトートバッグに詰め込んでジムに向かいました。

期待と不安に満ちた体験の内容はまた明日。

よろしければよしなに。

貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話~筋肉こそ正義編~

こんにちは。こんばんは。

貧困無趣味OLがキックボクシングを始めたい話を書きたいと思います。

 

最近キックボクシングがモデルの間で流行っているとかいう話を小耳にはさみました。

すごい時代だな……と思ってよくよく調べてみると、

何やら流行っているのはキックボクシングではなくキックボクササイズなんですか?

何が違うのかよくわかりませんが、キックボクシングは全身を使った運動です。

ボディメイクにとても良いのだとか。

 

さて、横道にそれますが、わたしの運動遍歴を少し書きます。

小学生のころは、週一でスイミングスクールに通っていました。

週一なんてたかが知れているかもしれませんが、このころは楽しかった。このころは。

中学に上がると、全員部活に入らなくてはいけなくなりました。

運動部はテニス・バスケ・バレーなどの華々しい(少なくともわたしにはそう見える)THE運動部!といった感じのものと、剣道や柔道などの武道系がありました。

我が母校にはプールが存在しなかったので、水泳部はありませんでした。

水泳しか運動のできないナナは、迷うことなく吹奏楽部に入部。

理由は「水泳やってたし肺活量あるからなんとかなるでしょ」という安直なもの。

もちろん楽器など吹けない。吹けないくせにプライドだけは高い喪女。

いろいろ試して割り振られたのは某金管楽器でしたが、プライドが高いくせに努力ができない喪女。

くすぶったまま三年間の部活を終え、ちょっとスレました。青い。恥ずかしい。

もう部活なんぞこりごりだと思った若かりしナナは、高校では帰宅部でした。

生徒会に入っていましたが、大した活動もなくおやつ食べるだけの時間でむしろ肥えた。

大学でサークルに入ったかと言えばそれもノーで、大学時代はバイト三昧でした。

なんでかというと、舞台沼に落ちたからなのですが、それはまた別の機会に書きましょう。

とにかく金が必要だったのでバイトしかしていなかった四年間でした。

友人もあまりいなかったし。授業後すぐにバイトに行くので、だんだん付き合いが悪くなっていった結果です。

 

……こんな十代を過ごしたわたし、もちろんすらっとした体系ではないです。

デブ!というほどではないと……思うのですが、ダイエットしようと思ったこともないのです。

理由は簡単で、努力ができないからです。

食事を制限しようとすれば、おいしいものが食べられなくなる。つらい。パス。

運動しようとすれば、運動つらい。パス。

思えばなんと自堕落なのでしょう。

そしてアラサーになった今、体重が年々増加しかけているのを見て決意しました。

このままではいけない。

このままアラフォーになったら、寸胴鍋みたいになってしまう!

さすがに焦ったので、いろいろ検索して見かけたのが冒頭にも書いたキックボクシングです。

代わり映えしない日々で、食べるのが唯一の楽しみであるわたしにとって、食事制限は無理です。

それなら運動しよう。そうだ。筋肉をつけて基礎代謝を上げるんだ。

筋肉こそ、正義。

 

かくしてわたしは、七月某日。都内某所のキックボクシングジムの門を叩きました。

後半はまた明日に。

よろしければ、よしなに。

はじめまして。つぶれてますか?

こんにちは。こんばんは。はじめまして。

一つ目の記事なので、自己紹介を少しします。

 

改めまして、はじめまして。ナナです。

歳はアラサーなので、特定するのは勘弁してください。

最近会社にピカピカの新卒女子が入ってきたので、中堅女子社員にはついに陰で「ばあば」と呼ばれ始めました。

ばあば、聞いていますよ。気を付けてね。

仕事は少し専門的な事務をしています。

職場は8割方男性社員ですが、入社して早数年、特に男は寄り付きません。

うっとうしいこともなくて清々しています。清々していますよ。

ええ。そうです。虚勢です。

収入ですが、いわゆるワープアというやつだと思います。家賃に殺されそうです。

ろくに就活を頑張らなかったので、ボーナスが年に一回しかありません。

なんと。一か月分しか出ません。あるだけましでしょうか。

よく本や漫画で、代わり映えのしない毎日……という言葉がありますよね。

まさにあれで、朝7時に起きて支度をし、9時から仕事です。

18時が定時ですが大体20時ころの退社になります。サビ残です。許すまじ。

すると大体帰宅は21時半ころで、少し家事をして寝ます。

驚くべき無趣味です。

よろしくお願いします。

 

今気づいたのですが、独身ともてないってすこしかぶっていますね。

こういう残念なところがいけないのでしょうか。

こちら、残念なOLの書いているブログです。

よろしければ、よしなに。